スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |




みんなでジョギング

2010.01.21 20:24  パソコン甲子園 2009

パソコン甲子園2009 問題07 みんなでジョギング


同じスタート地点にいるn人の人がそれぞれ1周di(km)のコースをvi(km/h)で走り続けるとき、全員が再びスタート地点で同時に出会ったときの、それぞれの周回数を求める問題です。

n人をそれぞれ0~n-1の番号iで表すことにします。まず、計算途中でのオーバーフローを避けるために、それぞれのvi/diを約分します。次にvi/di (i = 0 ~ n-1)を通分します。全ての分母diに対する最小公倍数LCMを分母とすると、それぞれの分子はvi×LCM/diとなります。最後に全ての分子をそれらの最大公約数で割ると、最初に全員が出会う周回数となります。最大公約数を求めるためにはユークリッドの互除法を用います。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。