スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |




秋のイルミネーション

2010.01.21 20:34  パソコン甲子園 2009

パソコン甲子園2009 問題10 秋のイルミネーション


凸な四角形がいくつか与えられ、重なったあるいは触れている四角形を1つのグループと見なし、いくつのグループが存在するかを求める問題です。

2つの四角形が接触しているかどうかを判定するプログラムを使ってグラフをつくり、連結成分の数を深さ優先探索で求めます。四角形Aのいづれかの辺と四角形Bのいづれかの辺が接触している、四角形Aが四角形Bの頂点を含む、または四角形Bが四角形Aの頂点を含む場合、四角形Aと四角形Bが同じグループに属すると判定することができます。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。