スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |




動的計画法 Dynamic Programming

2006.06.27 19:33  動的計画法

問題を解く有効な手法の1つが、最終的な解を求めるために、その問題の小さな部分問題の解を用いることです。一般的に小さな問題はより容易に分析・解決できるものです。この手法の代表的なものに、分割統治法(Divide and Conquer)と動的計画法 (Dynamic Programming: DP)があります。

分割統治法では問題を2つ(またはそれ以上)に分け、それらをそれぞれ解き、元の問題を解くためにそれらの分割して解かれた問題を統合して利用する、という処理を再帰的に行います。マージソートが分割統治法のよい例です。

一方動的計画法は、小さな部分問題を計算して得られた解をメモリに記録し、さらに大きい問題を解くためにそれら記録された結果を有効に使うことによって問題を解きます。

どちらも重要なプログラミング手法ですが、動的計画法は多くの問題の最適な解(最大値や最小値)を求めることができ、様々な問題に応用できる実用的なアルゴリズムです。




DP は、システムエンジニアやプログラマの方にとっては、必ず習得すべきプログラミングテクニックの1つだと思います。しかし、与えられた問題に DP が適用できるか否かの判断は難しいので、ある程度の経験が必要です。つまり、小さな問題の解を利用することによって、大きな問題の解が正しく求めることができるか否かの判断が難しいのです。

DP のスキルを伸ばすためには、DP が適用できる典型的な問題を解いてみるのが良いと思います。以下に応用問題をあげます(解法バレ注意してください)。











スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。