スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |




Dirichlet's Theorem on Arithmetic Progressions

2006.07.07 15:01  ACM/ICPC

[問題]ACM/ICPC Japan Domestic 2006: Problem A

[解説]
"高速な"素数判定、またはエラトステネスの篩を実装して、おわり

[プログラム例]

// @author yutaka C++
// Sieve of Eratosthenes
#include<iostream>
#include<cmath>
#define PMAX 1000000

using namespace std;

void eratos( int n, bool prime[] ){
    for ( int i = 0; i <= n; i++ ) prime[i] = false;
    for ( int i = 3; i <= n; i += 2 ) prime[i] = true;
    prime[2] = true;
    int limit = (int)sqrt((double)n) + 1;
    for ( int i = 3; i <= limit; i += 2 ){
        if ( !prime[i] ) continue;
        for ( int j = i * i, k = i * 2; j <= n; j += k ) prime[j] = false;
    }
}

bool prime[PMAX +1];
int a, d, n;

void compute(){
    int curr = 0;
    for ( int i = a; ; i += d ){
        if ( prime[i] ) curr++;
        if ( curr == n ){
            cout << i << endl;
            break;
        }
    }
}

bool input(){
    cin >> a >> d >> n;
    if ( a == 0 && d == 0 && n == 0 ) return false;
    return true;
}

main(){
    eratos( PMAX, prime );
    while ( input() ) compute();
}
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング - ジャンル : コンピュータ

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。